2005年09月12日

趣味への入り方

written by Tsuruぴょん

貴方が趣味を始める時の入り方は?

1.何が良いのかわからないので、道具は全て借り物で始める。
2.最初は借り物で、その後色々と調べて自分の技量にあった道具を揃える。
3.上手な人の持ち物を真似して(もしくはその趣味のブランド品)揃える。

1の人は、ある意味賢明でしょうね。
どんなものが良いのかわからないのと、この先続けるかわからないものに投資するのも危険でしょう。
続けるのであれば、道具を揃えればいいのですからね。
2の人は計画的で、自分を第3者的立場で客観的に物事が見れるようです。
3の人。。。
そう、私です。
下手糞なくせに(自覚はしてます)まずは形から入る無謀なタイプです。
この傾向を自覚したのは高校の時でした。

実は中学時代にヤンチャしてばっかりだったので、高校は男子多数の工業高校でした。
周りの良き?友人達のお陰でオートバイに興味を持ち
中古でカワサキを購入したのですが、ドノーマルだったので
改造が終わるまでは乗りませんでした。
スキーを始めた時も、ウェアは当時流行の兆しを見せたゴールドウィンの海和モデル。
板はロシニョール、ストックはケルマのカルガリーオリンピックモデル。
これで、ボーゲンから始めてるんですから、今思い出すと笑っちゃいます。

形から入ったことで、後戻り出来ない状況を作るのも趣味を続ける一つの方法ではと思ってます。



この釣りですが、これまた見事に形から入りました(w
釣った事も釣り方も知らないのに、黒工の竿とリール・タモその他。
周りから見れば、立派?な釣り師の格好です。
本当は内側から磨いていかないといけないのでしょが。。。。。
格好だけの釣り師で終わらないように精進あるのみですね。

お わ り

PS.一生付き合える趣味を持てて良かった。
つーことは、このメンバーとも。。。。。。(*^_^*)
posted by BDCメンバー at 10:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6827148

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。